芸術は、鍛造 - 可鍛鋳鉄金属を。

  • ホーム
  • 鍛造芸術
  • 花や葉のでっちあげ
  • 可鍛性金属
  • 亜鉛及び腐食防止
  • インテリアの錬鉄
  • 照明
  • 暖炉
  • 錬鉄のスタンドとワインの棚
  • 錬鉄製のシェルフ
  • フォトギャラリー:
  • 鍛造階段
  • 鍛鉄の燭台
  • シャンデリアとランプ
  • 暖炉のアクセサリー
  • 錬鉄のスタンドとワインの棚
  • 錬鉄製のシェルフ
  • 錬鉄製の家具
  • 錬鉄製のベッド
  • 鍛造ダイニングテーブル
  • 錬鉄製のコーヒーテーブル
  • 錬鉄のベンチとスツール
  • フォトギャラリー:
  • 錬鉄製のベッド
  • ダイニングテーブルとコーヒーテーブル
  • 鍛造頭頂テーブル
  • 錬鉄の椅子やスツール
  • エクステリア、家庭やオフィスでの錬鉄
  • フォトギャラリー:
  • ゲイツとフェンス
  • 鍛造手すり
  • バルコニーの手すり
  • 鍛造ゲート
  • 鍛造ウィンドウグリル
  • 錬鉄製のドア


  •  

    可鍛性金属。

    神話によると、冥王星を担当していたすべての金属は、冥界を支配していたが、同時に、惑星の宇宙エネルギーに関連付けられています。 錬金術師は、神と天体に相当する七大の金属を、認識した。

    芸術の鍛造金属 - 金属



    ゴールド - 不滅の材料、太陽から生まれ、アポロ、赤、純粋なスピリットに関連付けられている、すべての生きとし生けるものを生じさせる。 シルバー - 完璧な金属は、月、ダイアナ、青、空気のような魂と相関し、理想的な画像の感じを与えるている。

    他の金属は完璧ではない。 軽量の金属 - - 木星に対応し、そして紫マーキュリーマーキュリーとは、白、スズに相当します。 鉄は火星、そしてオレンジ色の固体スピリット、出産の動きを与え、時には非常に予測不可能な願望で識別されます。

    銅が金星に関連付けられている、彼女は生命力の保存を担当し、緑と肉体魂と一致している。 鉛は土星に属しており、黄色と材料のボディで識別されます。 アルケミーは鉄であったの底に金属の進化のはしごを構築しようとし、最上部に銅、鉛、錫、銀を、行き - 金。

    伝統的なフォークでの公演は、特に異種金属、鉄、銀、金、魔法の力を与えられただけでなく、これらの材料、お守り、宝石、武器、ミラー、コインとそのようなことから作られたさまざまなオブジェクトです。 金属製のものはそれだけで引き出したり、小さなろうそくで銅メダルノブの場合でも、注目を集めています。

    芸術の鍛造金属 - 金属



    ブロンズは、多くの化合物で表されます。 それらの中でも重要なのは、銅と10%の錫の合金です。 ブロンズは、非常によくキャスティング中に行儀とさらに良いときに機械加工されています。 人間の意志に現れたこの材料、。 青銅器時代 - 溶岩は、第一の金属から人類の歴史の新しい時代を流出した瞬間から。

    その人は、自然そのものによって作成された唯一のCの材料を対処しなければならなかった前に。 青銅建設の時代で。 青銅の武器と資金で作られた。 ブロンズ - 進歩と、それゆえ、力と権力の象徴。 それは、他のすべての材料の品質を兼ね備えています。

    ブロンズ、石のような硬いと頑固になることができる、水などの流体と変更可能、太陽のように輝くと鏡のように反映し、難しいと頑固になることができる、と質問せずにマスターになることができますすることができます。 それは何世紀もの対象ではありません。 "ブロンズ"青銅の所有者が、彼はすべて、真の勝者、所有している" - 。賢明な政府のシンボルを" 人々の生活への影響はさらに金上回っている。

    少なくとも理由のその大きく、そしてそれが可能です。 すべての材料の青銅が最も汎用性の高いですから、それはなる明確にし、塑性、他の材料をシミュレートすることができます。 マスターである技術、全体の武器は、金属を扱う、それは青銅で作業することが可能です。 青銅、そしてあなたの成功には間違いないの創造である。

    時間がすべてを台無しにすることができます、それはbespaschyadno。 Pomnetsyaの彫刻、磁器が、壊れてひび割れや木材を燃焼さ。 さえ石が破損することができますが、ブロンズ彫刻はすべてを存続します。 特に今日以降の銃やお金にそれを注ぐ必要はありません。

    芸術の鍛造金属 - 金属



    真鍮は銅と10〜50%の亜鉛から構成されています。 真鍮 - 銅と亜鉛、黄色の色の金属の合金、金のような距離から。 インテリアの豊富な機能を持っているこの物質、。 真鍮は、すべてに仕上げることができる。 範囲が非常に広いです:小さなペン、鍵、建築細部に家具用金具から - カラム、手すり、フェンス、など

    それは、さまざまな方法を製造するために、簡単なステンレス製で、木、ブラックメタルと完全に結合する:ターニング、ミリング、成形を使用することができます。 一般的に、スミスは、任意の継ぎ目を見つけられないようにして洗練された、ハンダ付け、溶接されている右側のアーチ形、を含む空白を、"切り出す"。

    真鍮の表面を与える方法 - それは好みの問題です。 鏡面仕上げに研磨し、フェードされていない特殊なニスで覆う、または、逆に、古代の感覚を作成し、自然の緑がかった色合いの高貴な風格を買収する、暗くする、金属が最終的に酸化させることができます。

    軽くブラシを歩いたかのように - 、表面テクスチャのさまざまなを与えるイメージを適用するために、化学エッチングまたはカラーに供することができる。 あなたは旋盤で表面を処理するか、油圧いくつかの救済を適用することができます。 興味深いテクスチャはガスのトーチと高温になることがあります。

    予熱が不均一である、またはバーナーの存在を削除し、エンボス加工のようになります。 その後、粗い表面やクリーンで洗練さを残すことができます。

    芸術の鍛造金属 - 金属



    銅は最も汎用性の高い金属です。 それは、優れた特性を持ちます:それは偽造することができる、プル、ツイスト、はんだ、溶接は、あなたがそれに刻む、とミントができます。 さらに、それは彼らのパフォーマンスを向上させる、他の金属との合金の組成物に入力することができます。

    銅は多くの場合、屋根で作られて、時にはそれは内部で発生します。 銅の利点の一つ - 製品の風味を豊かにする美しい色は、特に色合い場合と異なる色合いを与える。 黄銅部品は木製家具と完全に結合されます。 図面から、それは、暖炉やストーブを介して行う。

    芸術の鍛造金属 - 金属



    鋳鉄は鉄で構成され、2〜4.5%の炭素から含まれています。 青銅器時代の後に鉄 - アプリケーションの広い範囲を持つ古代の材料。 スペインでは、IV世紀に作られた偽造のバーを、保存。 彼らが言っていました"。スミスのすべての取引の父" 炭素と鉄の合金が、炭素は鋼に比べてここに大きい - 鋳鉄。

    炭素含有量で鋼のプロパティを変更します。 鋳鉄は鉄よりも低い融点を持っていますので、工場でもキャストすることは簡単です。 ワークショップは、フェンスのピーク、例えば、鋳鉄部品のさまざまな操作を実行できます。 あなたは階段のために螺旋階段、手摺子を作ることができます。

    一般的に、鋳造は、何かが単一コピーで鋳造されている場合、非常に高価になります。 あなたは木のモデルを使用することができます。 時には、単に地面にキャスティング。 子供のサンドボックスを想像してみて:平坦化された、押印を受けて、彼の金型を押す。 彼に特殊な溝を切る - 溶融金属が注がれているゲートを。

    もちろん、工場出荷時に用意天然または特殊な鋳物砂の組成にする必要があります。 製品が複雑な場合、突起部の多くと、インベストメント鋳造を適用します。 最初の石膏のモデルは、それが硬化して除去されるゴムで覆われている。 ワックスで満たされたゴムの形態では、ワックスは形を得られる。

    それが特別列車でカバーし、オーブンに入れている、ワックスが溶けて流れますが、空いている空洞内に溶融金属、同じキャストで満たされている。 黄銅鋳物や青銅は、黒から茶色に、人工緑青で覆われてすることができます。 鍛造、鋳造、旋盤、ベンチの仕事:多くの場合、複雑な製品に異なる技術を組み合わせることができます。

    芸術の鍛造金属 - 金属



    鋼 - 炭素と鉄の合金。 0,60-0,90%以内 - 中炭素の範囲内のパーセンテージ0,34-0,60%、および高炭素鋼の鋼で。 鋼片(低および高炭素)の異なる組成は、一緒にツイスト、熱とprokovyvayutsyaを追加されます。

    それが研磨されている場合、完成品を持っている、すべてのレイヤは、図面の形で表示されます。 重要であっても燃料を鍛造したとき。 金属は、コークスよりも良い鍛造 - それはあまりにも燃えるが、2番目のクラスの褐炭で、良好な難燃性を示し、水曜日に適切な置換が作成される。

    すべての密度と重力との金属を鍛造 - 活発な、柔軟な材料、そして彼の愛なら、彼はオフになります。 鍛造のものは金属の一枚から作られて、単純に型崩れの質量を変更します。 そのため、鍛造製品でリンギングと成形品におけるリンギングとは異なります。 軟鋼を鍛造するための最も完全な金属。

    熱いそれが文字通り流れる。 非常におとなしい材料。 それは少し酸化され、そしてインテリアではカバーできなくできます。 鋼は、縫製の針から複雑なマシンに至るまでを行います。 また、炉などのいくつかの追加機器の必要性がある。 最適な低炭素鋼の鍛冶屋、それが彼の手で粘土を好きなときに加熱。

    これは、鍛造品の特別な味が作成されます - 彼らは、表面にしわされている変形の過程で金属の動きを追跡することができます。 対照的に、注入は、ある意味でははるかに強いです。 キャストのものは壊れやすくなります。 鍛造鋼の装飾はほとんど震えて、枝を曲げるために、非常に繊細に行うことができます。

    装飾芸術で鋼を鍛造の機能は無限大です。 行われ、女性のジュエリー、そして家庭用品。 ハードワークでは、このまたはその細部は、偽造何かを唱え、どこかに半田する必要がしやすいものであることを行う方法を決定することができます。

    芸術の鍛造金属 - 金属



    Blueing。 ブルーイング - 鋼の芸術的治療の伝統的な方法の一つ。 製品はバター中に浸漬し、その結果が腐食に対して確実に保護する保護層を作成すると、火災によって処理されます。 退屈なテクニック。

    約それはblueingに製品の表面を準備するのにかかる時間の半分。 この手法の利点は、金属表面が塗装いないようです、それは鍛造のすべてのトレースの自然な色と質感を保持することです。

    このような金属製のものの利点は、まず、彼らの強さで、そして第二に、美しさ - あなたの自然な質感と色がインテリアに表現力豊かな黒のアクセントを作成感じることができる。 物事は本質的に非常に異なっています:あなたは軽いレース、女らしい事をすることができます、そして、男性的な積極的な、矢印のような張り詰めたすることができます。

    芸術の鍛造金属 - 金属



    ステンレス鋼は、クロムとニッケルと鉄の合金です。 ステンレス鋼は、ガラスと金属の多くが付いているハイテクなスタイルにモダンなインテリアに非常に関係があります。 それが錆びていないため、実用的であると変色していないので、研磨時に、それは永遠です。 中には何がありますか? 主に鉄、チタン、ニッケル、クロム - いくつかのコンポーネントがあります。

    今、多くの異なる鋼のビレットがあります。 海外で、私たちの原料を処理し、我々は、プロファイルのさまざまな、チューブ、シート、処理された表面、穿孔で、洗練された、砂地、そしてこれらの作品の私達のマスターがすでにカット、組み立てを提供しています。 鋼は頻繁に研磨される。

    しかし、今、設計者は、洗練された、わずかにマット仕上げではなく、ミラーの輝きに研磨をしたい。 今日のレーザー技術の開発は、鋼上に描画または書き込みを持っています。 鋼、真鍮、上に凹凸のある表面は、のように、もはや実行されませんが、火山地形、言う、で絞るに加熱するとそれは、まだ可能です。

    亜鉛、チタンとスチール。 この合金にも彫刻を実行する。 彫刻は、多くの繰り返しが必要です。 木版印刷のための同じプロット上には、ペイントや描画、および水彩画で、それを繰り返し、長い時間の年間動作しますが、ほとんど常にエッチング終わりますができます。 研磨、ホーニングとサンドブラスト亜鉛は異なる色と異なる光の反射を与える。

    と異なる拘束の色や反射のパレットは、それは金属を引き付ける。 ショットブラスト後のマットの表面と亜鉛のは、彫刻に適用することができます。 鋼の彫刻はすでにありますが、それ偉大な反射電力ができません。 スペインの鉄鋼 - ミラー、ロシアは悪いですが、これらの違いは、使用することができます。

    時々の実装に必要な救援と堂々としたアクセントは、チタンのように、彼は暖かい寛大な暗灰色の陰を持って、そしてよく反映している。 各金属は、独自のユニークな特性を持っています。 あなたは、彫刻を除いて、すぐにすべてのエフェクトを使用することができます。 代わりに、グラフィックの細部は、リズミカルなアーティキュレーションを作成し、アルミのコーナーに含めることができます。

    Tsinkotitan - 材料は、実質的に永遠です。 それは、美しい模様のテクスチャを与える化学エッチングによって処理されます。 その後、防振プレートの彫ら彼は光の場合、フレームに起こっている。 それはあまり加工されている。 富の図をエッチングした後に識別するには、それが長い間一緒に仕事する必要がある、扱うためにきれいに、そしてスポットが表示されることがあります。

    その代わり、彼は完璧に注ぐが、スタイリッシュな建設的なことを行うために雇うことができる。 経験では、展覧会から、これらの作品の多くは安全にインテリアに移動するが、オフィスに、より適している、特によく彼らはハイテクのスタイルに合うことを示しています。 あなたも触れていない、それを見ると、一般的に、金属は、奇妙な印象を作るには、材料の厚さを楽しみ、感じることができる。 これは素晴らしいです!

    芸術の鍛造金属 - 金属



    金と銀。 さらに最近では、マスター、さらによく知られているが、貴金属で動作するように権利がない不条理な状況があった。 グループ展は、母材の貴重なものな宝石の宝石彫刻を、上演した。 80年代半ばにこのような銀の原料で作られた宝石のような多くの不合理な状況が、まだそこにいた、しかしそれはショーでの誤解を避けるために、銅メッキで覆われていた。

    もちろん、銀または金の高品位プラスチック、特に薄い製品で、一緒に仕事しやすいが、真鍮と金の積として外観でも同じことができます。 メルヒオール、彼の名前はまだnizilberom - - ドイツの"新銀"より - ニッケル及び銅の融合の銀製の宝石類で他の材料に置き換えられます。 白真鍮 - "ポーランドシルバー"があります。 何かをシミュレートすることができる多くの合金は、あります。

    鋳造、および細工:複雑な宝石で、しばしばさまざまなテクニックを組み合わせる。 ウィザードと自分自身で、登録されているオブジェクト自体が、大きな価値があるので、貴金属で作られてはならないことがあります。

    貴重な装飾品などを製造するために、安価な材料から無意味です。 強度に関しては、その後、おそらく、金は何世紀にもわたって地球に掘るかどうか、それはよりよい保存。 しかし、歴史は、金のオブジェクトが破棄またはそれ以上の真鍮よりも溶融したことを示しています。

    もちろん、金と銀は、常に必要と動作する必要があるとの最も美しい、ハイテク素材のまま。 ゴールド - スタッフ素晴らしいが、それは非常に敏感があるので、金はほんの何か、そして宝石を手に入れることができます。 それはrazmahneshsyaしませんので。

    アステカは金の完全であったため、彼の彫刻から投げ落とされた。 金の卓越した鋳造では、それはほとんど酸化されないように、治療を必要としません。 最も複雑な、最も繊細な精緻化は、文字通り指紋が金にキャストすることができます。 シルバーは、最高の反射率を持つ、ない古代の鏡を銀で作られたのも不思議ではありません。

    以上を踏まえ、鍛冶屋は、異なる金属を必要とする。 各金属は、独自の特徴と利点があります。 各製品は、すべての金属の特性と考慮し、製品が使用される環境を考慮して、彼にぴったりとなる金属を選択する必要がありますために、その製品は本当に長い間持続する、と仲間は、その美しさと洗練をお楽しみいただけます。

     








  • ランドスケープデザインの錬鉄
  • フォトギャラリー:
  • 公園や庭園のための錬鉄製のベンチ
  • 錬鉄の芝生のフェンス
  • 錬鉄製の橋
  • 鍛造ガゼボ
  • 錬鉄ランプや街灯
  • 槌URN
  • 金属製の噴水
  • 庭園や公園のための鍛造彫刻
  • フォトギャラリー:
  • 庭園や公園の噴水
  • 庭園や公園のための彫刻
  • ファサードの彫刻
  • 鍛造鋼のアクセサリ
  • 鍛造鋼のミラー
  • 錬鉄の時間
  • フォトギャラリー:
  • ホームオフィスおよび小規模オフィス向けのアクセサリー
  • インテリア用鍛造彫刻
  • 槌楕円形の鏡
  • 鍛造長方形の鏡
  • モダンなスタイルで鍛造鋼の時間

  • © 2011 Kovkametallov.ru
    あなただけのソースに直接、アクティブリンクを使用することができます!